子宮頸がんワクチン積極的呼びかけを一時中止 

6月14日、厚生労働省では、子宮頸がん予防ワクチンについて、定期接種を続けながらも、積極的には勧めないというパンフレットを作製し、積極的な接種の呼びかけを一時中止することを決めました。

日本では、子宮頸がんで年間およそ2,700人が亡くなっているといわれています。
そのため、
2013年4月から、子宮頸がんワクチンが定期接種に追加され、小学校6年生から高校1年生までの女子を対象に、原則無料で接種が行われるようになりました。
そういう中、
副作用で接種後の長期的な痛みやしびれなどを訴える人があいついでいるため厚労省の検討部会が、突然の方針転換を決めました。

本日、日本産科婦人科学会(日産婦)でもワクチンと健康被害の因果関係を独自に調べることを決めました。
来月にも最初の会合を開き、海外の情報も集めて検討する予定。
厚生労働省は接種推奨の一時中止を決めましたが、これについては「妥当と考える」としています。

結局は、
定期接種として残しますが、接種するかどうかは
本人や家族に判断を委ねます、ということですよね。

我が家にも中学生の子がいて、まさにこれから接種しようとしていたところでした。
長女はすでに、接種していますが副作用はありませんでした。

海外でも、接種されてきた予防接種であり有効性もみとめられているだけに
悩むところです。
とりあえず、我が家はしばらく様子をみようかと思います。

みみりん助産師の妊娠出産おっぱい育児入門 


教育費いくら必要?


妊娠・出産 ブログランキングへ


にほんブログ村 子育てブログ 母乳育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

[2013/06/22 22:10] 予防接種 | TB(0) | CM(1)

ブログ拝見

ご挨拶を兼ねてブログを拝見させて頂きました。
「本人や家族に委ねる」これから益々増えてくるんでしょうね。
[2013/07/10 17:01] 輝く黄金ペンギン卿 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mimirinj.blog56.fc2.com/tb.php/283-da25cbf5