赤ちゃん、RSウイルスに注意しましょう 

今日は、赤ちゃん訪問の日でした。

毎年、この時期に、RSウイルスにかかり、入院する子が何人かいらっしゃいます。

必ずと言っていいほど、低体重で生まれた赤ちゃんで、お兄ちゃんやお姉ちゃんがいる子。

三歳までには抗体を獲得するといわれていますが、

抗体のない赤ちゃんがかかってしまうと重傷化してしまうんですよね。

今回も、お姉ちゃんが風邪をひき、それがうつったとのこと。

風邪の原因ウイルスがRSウイルスだったんですよね。

最初は、鼻水からはじまり、咳が出て、最終的にはミルクが飲めなくなり、入院。

1週間入院したとのこと。

治ってしまえば、以前のように元気にミルクを飲んでご機嫌です。

家族に風邪をひいたときは注意しましょうね。


みみりん助産師の妊娠出産おっぱい育児入門 

教育費いくら必要?


妊娠・出産 ブログランキングへ


にほんブログ村 子育てブログ 母乳育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

[2012/12/14 15:19] 助産師のつぶやき | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mimirinj.blog56.fc2.com/tb.php/257-26ae237f