授乳中でも使えるくすり結構ありますよ~ 

よく、赤ちゃん訪問に行った時にきかれるのが、

『私が風邪を引いて、薬を飲むのでおっぱいを中止したら、おっぱいの出が悪くなった・・』

『私が風邪を引いて、薬を飲むのでおっぱいを中止したら、赤ちゃんが哺乳瓶でないとおこるようになった』

など

先日も、1ヶ月健診のときの保健指導中にもママがいわれました。

『おっぱいがこんなに出ているんですが、今度私の顔にしこりが出来て、日帰りの外科手術をするんですが、そのあとにお薬を飲むので授乳はしばらくお休みしてください。。といわれたんです。

1週間もお休みしたら、またおっぱいがでますか・?』と。

基本的に、授乳中でも使える、抗生剤、消炎剤、鎮痛剤はたくさんあります。
特殊な抗がん剤、抗精神薬などを除いては使えるくすりは結構あります。

使わないに越したことはありませんが、そういうわけにはいかない場合もありますよね。

それよりも、その間、授乳が出来ない苦痛はかなりのものです。
赤ちゃんも、昨日まではよかったのになぜ~??ってきっととまどうに違いありません。

すごくかわいそうですよね。
また、これから出始める・・って言うときなんかはすごいダメージです。
出すぎる人なんかも、身体はつらいは、おっぱいははってつらいわ、赤ちゃんもぐずぐずするわで
ホント大変だと思います。

搾乳するにも限度がありますしね。

産婦人科の先生で、中止しなさいって言う先生はいないと思いますが、

他の科の先生は、結構授乳は中止してください

っていうんです。

もし、お薬を出されて中止しなさいって言われたら、産婦人科の先生に相談してください。

風邪ぐらいなら、産婦人科で、授乳中なので・・といえば処方してくれます。

ぜひ、授乳は止めない方向で頑張って欲しいですね。

みみりんのHPでも使える薬をのせています。参考にしてみてくださいね。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 母乳育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

[2011/09/13 09:11] 助産師のつぶやき | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mimirinj.blog56.fc2.com/tb.php/210-5b1e9045