0歳児がポリオ、予防接種原因? 

23年6月4日 アサヒコムより

ウイルスに感染すると手足にまひが出る病気のポリオで、予防接種の生ワクチンが原因と見られる患者が、先月東京都で報告された。厚生労働省によると、今年の患者報告は初めて。国内では安全なワクチンを開発中で来年度に薬事承認される見通しだが、間に合わなかった形だ。

 都や国立感染症研究所によると、患者は0歳の男児。予防接種後の4月中~下旬に、右足のまひや発熱などの症状が出たという。便から検出されたウイルスは国内で使われるワクチン由来のものだった。5月に医師がポリオと診断した。発症と予防接種の因果関係は、予防接種健康被害審査会の意見をもとに最終結論が出されるという。

 国内で認められているポリオワクチンは、ウイルスの毒性を弱めた生ワクチンで、口から飲むタイプ。腸の粘膜に免疫がつきやすい長所がある。生後3カ月~1歳半の間に2回接種が一般的だ。多くの自治体では、保健所などが中心となり、春と秋の2回、集団接種を行う。

 ウイルスの病原性をなくす処理をする不活化ワクチンと違い、生ワクチンはまれに接種による患者が出る。2001年度以降の10年間で15人で、保育園などや親への2次感染を含めると21人にのぼる。



自然感染がないにもかかわらず、ワクチンによって感染してしまうなんてかわいそうですね。
早く不活化ワクチンがつかえるといいです。

ちなみにみみりんの近くの病院でも輸入ワクチンで不活化ワクチンの接種行っています。
ただし、
使用するワクチンは世界中で広く使用されており効果と安全性は確認されています。ただ、日本国内では未承認のワクチンであるため万が一接種に伴い健康被害が生じた場合、予防接種法に基づく国の救済制度による補償や製薬メーカーによる補償は受けらません。
輸入商社による「輸入ワクチン副作用被害救済制度」による補償を受けることができますが、補償に不安がある方はお奨めできません。

とのことです。1回5千円ぐらいの4回接種になります。
日本でも早く普通に不活化ワクチンが使える日がきますように・・

ちなみに昭和50年~52年生まれの人は、1型と3型のポリオウィルスに対する抗体保有率が50%前後と低いことがわかっています。
生ワクチンを接種した時はおむつ替えなど、しばらく手袋を使用するなど注意しましょう。



妊娠・出産・母乳育児の情報を提供~みみりん助産師の妊娠出産おっぱい育児入門

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 母乳育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

[2011/06/04 21:19] 助産師のつぶやき | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mimirinj.blog56.fc2.com/tb.php/202-a634dd97