おっぱいの指導の仕方はさまざま 

おっぱいの指導ってむずかしい といつも思います。

私自身は、おっぱいは泣いたらあげる というスタンスでやっています。

自分自身も、5人とも同じそうやって断乳までやってきましたし、今、2歳になった子にもそうやってあげています。

だから、あくときは開くけど、家にのんびりしてると、見計らったように、おっぱいを頻繁にほしがってきます。

私は、それでいいか~と思っています。


ただ、同じ勤務先の助産師さんは、夕方なんか特に、ぐずぐずするときはおっぱいばかりではなく、ときにはあやし、なかせても、2時間はあけたほうが次にしっかり飲んでくれるよ~といっています。

う~ん、まったく逆ですよね。お昼過ぎから夕方~夜には本当によくなきますよね。

私は、時間が空かなくてもよく飲ませてました。夕ご飯作りながら・・・

これも、赤ちゃんによって。、またママの考え方次第かもしれません。
あやす余裕があるとか、時間が空けば本当にガッツリ飲んでくれる子であればそれもよしかもしれません。

昨日の方には、とりあえず、両方やってみて・・どちらがいいのかかんがえていただくことにしました。



にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 母乳育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

[2010/08/24 16:27] 助産師のつぶやき | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mimirinj.blog56.fc2.com/tb.php/144-6573f457